認定事業者一覧

「情報銀行」の認定とは?

日本IT団体連盟による「情報銀行」の認定は、総務省/経済産業省策定の「情報信託機能の認定に係る指針」および、それを踏まえてIT連盟として策定した情報セキュリティやプライバシー保護対策等に関する認定基準に適合していることを示すものです。
認定の有効期間は2年です。2年ごとに更新審査を行い、認定基準への適合を維持している場合、認定を更新継続します。

認定の種別について

日本IT団体連盟による「情報銀行」の認定は、2つの種別があります。

  • 『通常の認定』は、「情報銀行」サービス実施中の事業を対象に、計画、運営・実行体制が認定基準に適合し、かつ見直しを継続して行うことで、安心・安全なサービスを提供しているサービスであることを認定するものです。
  • 『P認定』は、「情報銀行」サービス開始に先立ち、計画、運営・実行体制が認定基準に適合しているサービスであることを認定するものです。サービス開始後に、運営・実行、改善を図ることで、『通常の認定』の取得を目指します。

『P認定』の詳細は下記をご覧ください。
https://www.tpdms.jp/file/20190320-1News.pdf

  • 通常の認定

  • P認定

P)は、日本IT団体連盟の審査により、安心・安全な「情報銀行」サービスを開始することが可能であると 認定されたことを示す記号です。
P認定取得事業者は、サービス開始後に、運営を通じて更なる改善をはかり、より安心・安全な「情報銀行」サービスを運営している認定取得を目指します。

認定付与サービス一覧

最終更新日:2019年7月8日

「情報銀行」認定マーク取得済みの、サービス・事業の一覧です(認定順に掲載)

  1. 通常の認定

    これまでに認定を受けた事業者はございません。

  2. P認定

    認定番号 サービス名 事業者名 認定日 認定の有効期間 初回認定日
    1901AB01110(P) 地域振興プラットフォーム(仮称) フェリカポケットマーケティング株式会社 2019.6.21 2019.7.7-2021.7.6 2019.6.21
    1901AA01110(P) 「データ信託」サービス(仮称) 三井住友信託銀行株式会社 2019.6.21 2019.7.8-2021.7.7 2019.6.21
  3. その他(取消および一時停止)

    これまでに認定の取消しを受けた事業者はございません。

    これまでに認定の一時停止を受けた事業者はございません。

一般社団法人日本IT団体連盟情報銀行推進委員会

相談窓口